事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
  H O M E  >> 海事教育訓練 >> ECDIS訓練
 
海事教育訓練とは
PEC操船シミュレータ講習
ECDIS 訓練とは
 
2012 年からの ECDIS 搭載義務化が IMO で採択され、ECDIS を正しく安全に取り扱うには、充分かつ適切な訓練が必要になってきました。 そこで、効果的なECDIS 訓練を奨励する為、STCW 条約 (船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約) に関するIMO の委員会では、 「ECDIS の実際の運用に関するモデル・トレーニング・コース」(IMO Model Course 1.27)を承認しました。

このモデル・コースの本来の目的は、ECDIS の能力・特性や制約事項を理解することにより、 ECDIS の適切な使用法や操作方法を習得することであり、 訓練対象者がECDIS 訓練証明書を受け取るまでに習得しなければならない事項が示されています。
これらの訓練必要事項は、安全に関するすべての事項やシステム全体の知識を対象とするものです。
各国政府は、航海当直に従事する各航海士官は、当該訓練コースの目的に従い、訓練を受け 認定されることを確保するよう強く求められています。
 
登録ECDIS講習の実施
  日本海洋科学は、2014年4月1日より、電子海図情報表示装置(ECDIS)を使用するために必要な事項に関する知識及び性能を習得するための講習の実施機関(登録電子海図情報表示装置講習実施機関)として、国土交通大臣の登録を受けました。  
ECDIS訓練のご案内
 
弊社が提供するECDIS訓練は以下のとおりです。
5日間コース
国土交通大臣の登録を受けた登録ECDIS講習です。
訓練終了後に授与する講習修了証明書により海技免状の限定が解除されます。
詳細は以下の案内書をご覧ください。
  →ECDIS訓練(5日間コース)のご案内(PDF)
  →受講申込書(5日間コース)(Word)
 
 
 
ECDIS訓練風景
 
 
 
 
3日間コース
基本機能の再確認や乗船前の慣熟など、ECDISの基本的な機能の復習から乗船前のECDIS操作の予習を行えるコースです。
詳細は以下の案内書をご覧ください。
  → ECDIS訓練(3日間コース)のご案内(PDF)
  → 受講申込書(3日間コース)(Word)
 
 
 
Type Specific Familiarization Trainingコース
(古野電気FMD-3200/3300 series)
コンピュータ支援型の訓練(CAT:Computer Aided Training)で、日本海事協会(NK)から訓練プログラム認証(Maritime Education & Training Registration)を取得しています。
  → 訓練案内FURUNO CAT FMD-3200/3300(PDF)
  → 受講申込書(FURUNO CAT)
 
 
 
 
 
 
 
Type Specific Familiarization Trainingコース
(JRC 7201/9201 series)
CBT(Computer Based Training)による訓練です。
訓練は英語・日本語を選択できます。
事務手続き等は全て弊社が担当いたします。「受講申込書」に必要事項を記入し申込んでください。
  → 訓練案内JRC JAN-9201/7201(PDF)
  → 受講申込書(JRC JAN-9201/7201)
 
 
場所: 株式会社日本海洋科学 ECDIS Training Center ⇒案内図(PDF)
  〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア東館3階
連絡先: ECDIS訓練受付:ECDIS@yms.co.jp
  TEL:044-548-9132
FAX:044-548-9136