事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
  H O M E >> 海事教育訓練 >> 海事教育訓練とは
 
海事教育訓練とは
 
当社では自社開発の大型フルミッション操船シミュレータを用いた各種操船訓練を実施しております。

限りなく実船に近いシミュレータを用いることにより、出入港操船、機関故障などの緊急操船、強風、強潮流下での操船などをリアルかつ安全に、そして繰返して訓練することが可能です。
また、お客様のご要望に応じた海事関連教育も行っております。
 
 
船長、航海士及びパイロットを対象として、以下の操船シミュレータ操船訓練を実施しております。
 
   
 
訓練コース
対     象
期間
訓 練 内 容
船長操船訓練 陸勤明け船長初乗の船舶
1〜2日
・離着岸(桟)操船訓練
・Singapore海峡通峡
・タグの使用要領
・減速要領
船長協会研修 日本船長協会主催による船長、航海士を対象とした研修
2日
・狭水道航行
・VLCC入出港操船
・輻輳海域航行
・タグの使用要領
SECOJ研修 SECOJ主催による若年船員を対象とした訓練
10日
・当直要領
・機器操作
・VHF交信
・操船要領
・夜間当直要領
新入社員訓練 新入航海士
5日
・新入航海士が初めて外航
 船に乗船するための基本
 船内実務と当直要領
・VHF交信要領
・操船・見張り要領
水先人訓練 水先人
1〜2日
水先人自身が行う定期的離着岸(桟)操船訓練
 
(注)訓練費用は1人1日10万円を原則としますが、訓練内容、日数、人数により多少異なりますので詳しくはお問い合わせ下さい。
 
本船のブリッジ(船橋)にある人、物、情報をすべて安全航行のための資源(Resource)として捕え、それを有効に活用するためのマネージメント訓練。船長、航海士、操舵手など役割を決め、チームワークで実施します。

航空業界では、CRM(Cockpit Resource Management)訓練としてパイロットに年1回の受講が義務づけられており、海運界でも外国船社によっては乗船のための必修条件とするところもあります。
 
     
 
対    象
外航、内航の船長、航海士(但し、内航船の場合は機関士を含む。)
期    間
3日
訓練内容
・BRMの概念講習
・BRMの諸知識
・BRMスキル
・リーダーシップ
・チャレンジとレスポンス訓練
・クロスチェック方法
費    用
契約料金
 
 
PEC訓練(Pilot Exemption Certificate)の詳細はこちら