事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
 
  お知らせ:
   2017/7/26  LNG燃料船とバンカリングに関し当社社員が講演しました。
   2017/7/24  海洋水産システム協会で当社社員が講演しました。
   2017/7/10  当社上梓『実践航海術」が平成28年度日本航海学会航海功績賞を受賞しました。
   2017/5/29  バリシップに出展しました。
   2017/5/22  航海功績賞記念特別講演を行いました。
   2017/4/24  当社社員共著書『リスクマネジメントの真髄−現場・組織・社会の安全と安心-』が出版されました。
   2017/4/10  Gastech(ガステック)Japan 2017 出展報告
   2017/1/4  韓国港湾技能訓練インスティチュート(釜山校)の関係者が来社されました。
   2017/1/4  日の丸自動車興業(株)殿に“水陸両用バス”を納品いたしました。
   2016/12/1  当社上梓「実践航海術」が住田正一海事技術奨励賞を受賞しました。
   2016/10/3  重要文化財「氷川丸」ボランティアを後援しています。
   2016/9/29  当社社員によるセミナー講座:
  「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」
   2016/8/3  中部地方整備局より優良工事等の表彰を受けました。
   2016/8/1  操船シミュレータにピボット・ポイント表示機能を追加しました。
   2016/7/27  フィリピン国台風ヨランダ災害の復興事業完工式が行われました。
   2016/7/22  当社上梓「実践航海術」が山縣勝見賞を受賞、本日同賞贈呈式が行われました。
   2016/4/27  熊本地震で被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。
   2016/4/4  フィリピン訓練機関に操船シミュレータを納入しました。
   2016/4/1  高解像度ウェザールーティングを開発しました。
   2016/3/14  神戸大学大学院におけるワークショップで当社社員が発表しました。
   2016/1/29  当社製品iMasterがClass DNV・GLより世界初の型式承認を取得しました。
   2015/11/25  ARI社と技術協力に関する覚書を締結いたしました。
   2015/11/10  「実践航海術」の新刊紹介記事が日本船長協会の月報に掲載されました。
   2015/10/1  創業30周年を記念し「実践航海術」を出版、国内海事教育機関に寄贈しました。
   2015/9/9  イスタンブール工科大学 海事学部長および教授が来社されました。
   2015/8/27  COMPASS 9月号 に当社操船シミュレータの記事が掲載されました。
   2015/7/6  最新の操船シミュレータ(世界初4K解像度)を開発・導入しました。
   2015/7/1  海上保安大学校より感謝状をいただきました。
   2015/7/1  川崎汽船殿へ操船シミュレータを納入いたしました。
   2015/5/1  ECDIS 訓練コースの修了者が1000人を超えました。
   2015/4/1  神戸大学大学院 海事科学研究科 と 産学連携しました。
   2015/3/21  名古屋海洋博物館に操船シミュレータを納入しました。
 
  当社上梓『実践航海術」が平成28年度日本航海学会航海功績賞を受賞しました
 
7月7日、海運クラブ(東京都千代田区)にて執り行われた海事三学会合同表彰式において、当社が上梓(2015年9月出版、成山堂書店)した『実践航海術』が、公益社団法人 日本航海学会より次の業績が評価され、平成28年度日本航海学会航海功績賞を授与されました。

<業績>
「実践航海術」の出版による最新の航海術の海事産業への紹介並びに新たな研究テーマへの示唆

 
     
 
<同賞授賞理由>
「実践航海術〜Practical Navigator〜」は、株式会社日本海洋科学(以下、JMS)が海事コンサルタントとして30年に渡り培ってきた実務経験による知見をもとに、航海計画、BTM/BRM、ウェザールーティング、ECDISなど最新の技術も含め、グローバルスタンダードとして現在の外航船舶で一般に採用されている技術を網羅的にまとめたものであり、ISM時代の新たな航海慕準、技術の進歩により新たに導入される装置・設備の運用など、本書は航海術が変化する中で、確実に役立つ実務書であるだけでなく、航海士を目指す学生には船舶運航の現場について具体的なイメージをもって理解できる参考書となっており、教育的な価値も高いと言える。

また、JMSは、約50の国内海事教育機関等に本書の寄贈も行っており、社会貢献活動としても高く評価できる。

日本では暗黙知となっていた航海術を、グローバルスタンダードとして国内に紹介した意義は大きく、さらに、学会等において、新たな研究テーマを示唆する内容となっており、日本の航海学の発展も大きく寄与すると思われる。