事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
 
  お知らせ:
   2017/7/26  LNG燃料船とバンカリングに関し当社社員が講演しました。
   2017/7/24  海洋水産システム協会で当社社員が講演しました。
   2017/7/10  当社上梓『実践航海術」が平成28年度日本航海学会航海功績賞を受賞しました。
   2017/5/29  バリシップに出展しました。
   2017/5/22  航海功績賞記念特別講演を行いました。
   2017/4/24  当社社員共著書『リスクマネジメントの真髄−現場・組織・社会の安全と安心-』が出版されました。
   2017/4/10  Gastech(ガステック)Japan 2017 出展報告
   2017/1/4  韓国港湾技能訓練インスティチュート(釜山校)の関係者が来社されました。
   2017/1/4  日の丸自動車興業(株)殿に“水陸両用バス”を納品いたしました。
   2016/12/1  当社上梓「実践航海術」が住田正一海事技術奨励賞を受賞しました。
   2016/10/3  重要文化財「氷川丸」ボランティアを後援しています。
   2016/9/29  当社社員によるセミナー講座:
  「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」
   2016/8/3  中部地方整備局より優良工事等の表彰を受けました。
   2016/8/1  操船シミュレータにピボット・ポイント表示機能を追加しました。
   2016/7/27  フィリピン国台風ヨランダ災害の復興事業完工式が行われました。
   2016/7/22  当社上梓「実践航海術」が山縣勝見賞を受賞、本日同賞贈呈式が行われました。
   2016/4/27  熊本地震で被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。
   2016/4/4  フィリピン訓練機関に操船シミュレータを納入しました。
   2016/4/1  高解像度ウェザールーティングを開発しました。
   2016/3/14  神戸大学大学院におけるワークショップで当社社員が発表しました。
   2016/1/29  当社製品iMasterがClass DNV・GLより世界初の型式承認を取得しました。
   2015/11/25  ARI社と技術協力に関する覚書を締結いたしました。
   2015/11/10  「実践航海術」の新刊紹介記事が日本船長協会の月報に掲載されました。
   2015/10/1  創業30周年を記念し「実践航海術」を出版、国内海事教育機関に寄贈しました。
   2015/9/9  イスタンブール工科大学 海事学部長および教授が来社されました。
   2015/8/27  COMPASS 9月号 に当社操船シミュレータの記事が掲載されました。
   2015/7/6  最新の操船シミュレータ(世界初4K解像度)を開発・導入しました。
   2015/7/1  海上保安大学校より感謝状をいただきました。
   2015/7/1  川崎汽船殿へ操船シミュレータを納入いたしました。
   2015/5/1  ECDIS 訓練コースの修了者が1000人を超えました。
   2015/4/1  神戸大学大学院 海事科学研究科 と 産学連携しました。
   2015/3/21  名古屋海洋博物館に操船シミュレータを納入しました。
 
  当社社員によるセミナー講座:「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」
 

 
 
9月27日に日本海運集会所にて開催されましたセミナー「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」におきまして、当社の青山憲之主任コンサルタントが講師として講演を行いました。

当社は、LNG燃料船に関わるコンサルティングを2012年度より開始しており、国内初のLNG燃料船となるタグボート『魁』の建造プロジェクトにも参加しております。

今セミナーでは、「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」と題して二つのテーマが取り上げられ、LNG業界の動向やLNG船の最新技術、オイルメジャー対応の他、今後国内での普及が見込まれるLNG燃料船の現状について紹介されました。

当社の青山主任コンサルタントは、LNG燃料船の現状について『国内外における運航の状況、国内における運航の課題』として、下記の内容の講演を行いました。

1.LNG燃料船の最新動向
 LNG燃料船の現状、LNG燃料船普及の特徴、LNGバンカリングインフラの整備状況、我が国のLNG燃料船、LNG Readyの台頭、及びLNG燃料船の特殊性。

2.欧州における運航の状況
 現在北欧を中心に行われているLNG燃料船の運航形態について、バンカリングの方法別に事例を紹介。主なバンカリング方法として、Truck to Ship、Shore to Ship、Ship to Ship、Portable tankなど。

3.国内における運航の課題
現在、国内で取り組まれている制度・枠組みについて、また今後LNG燃料船を普及するために課題となる点について、バンカリング方法と経済性の両面から分析。

4.世界の動向
LNG燃料船の普及には種々の課題があるものの、世界的な環境規制の強化を追い風に、今後の普及を見据えた世界の動き。

 
   
  世界初のStSによるバンカリング中の“Viking Grace”号
(日本海洋科学撮影)


セミナー参考テキスト
「LNG船運航のABC」(成山堂書店)