事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
 
  お知らせ:
   2017/7/26  LNG燃料船とバンカリングに関し当社社員が講演しました。
   2017/7/24  海洋水産システム協会で当社社員が講演しました。
   2017/7/10  当社上梓『実践航海術」が平成28年度日本航海学会航海功績賞を受賞しました。
   2017/5/29  バリシップに出展しました。
   2017/5/22  航海功績賞記念特別講演を行いました。
   2017/4/24  当社社員共著書『リスクマネジメントの真髄−現場・組織・社会の安全と安心-』が出版されました。
   2017/4/10  Gastech(ガステック)Japan 2017 出展報告
   2017/1/4  韓国港湾技能訓練インスティチュート(釜山校)の関係者が来社されました。
   2017/1/4  日の丸自動車興業(株)殿に“水陸両用バス”を納品いたしました。
   2016/12/1  当社上梓「実践航海術」が住田正一海事技術奨励賞を受賞しました。
   2016/10/3  重要文化財「氷川丸」ボランティアを後援しています。
   2016/9/29  当社社員によるセミナー講座:
  「最近のLNG船運航(運航及び新技術)とLNG燃料船の現状」
   2016/8/3  中部地方整備局より優良工事等の表彰を受けました。
   2016/8/1  操船シミュレータにピボット・ポイント表示機能を追加しました。
   2016/7/27  フィリピン国台風ヨランダ災害の復興事業完工式が行われました。
   2016/7/22  当社上梓「実践航海術」が山縣勝見賞を受賞、本日同賞贈呈式が行われました。
   2016/4/27  熊本地震で被害に遭われた方へお見舞い申し上げます。
   2016/4/4  フィリピン訓練機関に操船シミュレータを納入しました。
   2016/4/1  高解像度ウェザールーティングを開発しました。
   2016/3/14  神戸大学大学院におけるワークショップで当社社員が発表しました。
   2016/1/29  当社製品iMasterがClass DNV・GLより世界初の型式承認を取得しました。
   2015/11/25  ARI社と技術協力に関する覚書を締結いたしました。
   2015/11/10  「実践航海術」の新刊紹介記事が日本船長協会の月報に掲載されました。
   2015/10/1  創業30周年を記念し「実践航海術」を出版、国内海事教育機関に寄贈しました。
   2015/9/9  イスタンブール工科大学 海事学部長および教授が来社されました。
   2015/8/27  COMPASS 9月号 に当社操船シミュレータの記事が掲載されました。
   2015/7/6  最新の操船シミュレータ(世界初4K解像度)を開発・導入しました。
   2015/7/1  海上保安大学校より感謝状をいただきました。
   2015/7/1  川崎汽船殿へ操船シミュレータを納入いたしました。
   2015/5/1  ECDIS 訓練コースの修了者が1000人を超えました。
   2015/4/1  神戸大学大学院 海事科学研究科 と 産学連携しました。
   2015/3/21  名古屋海洋博物館に操船シミュレータを納入しました。
 
  高解像度ウェザールーティングを開発しました(商品名:高解像度WISE Routing)。
 
当社は、国立研究開発法人・水産総合研究センター・水産工学研究所からの2015度受託研究として、「高解像度WISE Routing」を開発しました。

これは、これまでの気象庁全球予報モデルの風・波に加え、沿岸波浪予報モデルによる詳細な風・波予報データを使用して、最適航路を高精度で計算できるウェザールーティングシステムです。

沿岸波浪予報モデルによる風・波の予報データが、従来に比べ40倍の高解像度で、毎日00, 06, 12, 18 UTCにおいて、72時間先まで3時間間隔で利用できます。
また、海流については、従来に比べ25倍の高解像度のデータが利用できます。

受信したデータの表示例と最少燃料航路の計算例を図1〜図4に示します。
(画像をクリックすると拡大できます。)

 
 
  図1 沿岸波浪予報モデルによる風の表示 図2 沿岸波浪予報モデルによる波の表示  
 
  図3 海流の表示 図4 最少燃料航路(赤)と3本の船長航路の比較
(海流データを重畳)
 
 
図1,2,3より、詳細な風・波・海流データが表示できることがわかります。
また、詳細な黒潮の流れがわかるので、黒潮の逆流をうまく避けることにより、大きな燃料節約ができたことがわかります。(図4)
最少燃料航路は、直航航路に比べ、29%も燃料節約ができました。

今後、水産工学研究所の用船(近海かつお漁船)を用いて、燃料節約の実証実験を行う予定です。

高解像度WISE Routingは、外航船に加え、漁船や内航船、プレジャーボートなどの安全・経済運航に、大きく貢献できると期待されます。