事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
  H O M E >> システム販売 >> WISE
 
システム販売
操船シミュレータ
DIGITRACE
着離桟支援システム
各種ソフトウェア
 
 
 WISEルーティング
 
  WISE Routing は、ソフトウエア(以下WISEソフト)をご使用のPCにインストールすることにより、INMARSATデータ通信を利用して、いつでもご希望の海域の最新の気象・海象情報を取得し、それを用いて最適航路が計算できるシステムです。

希望する海域と、風や波、海流等の予報データの種類を選択し、WISEソフトで作成される要求ファイルをEメールで陸上サーバーへ送信することにより、気象・海象情報を取得します。

陸上サーバーから送られるデータファイルをWISEソフトに読み込むことにより、様々な気象・海象情報をわかりやすく表示することができます。

WISEソフトには「船上シミュレーション」機能が組み込まれており、本船の船体データベースと取得した気象・海象予報を用いて、目的地までの最適航路(最少燃料航路または最短時間航路)を計算することができます。

さらに、船長航路(船長が任意に設定した航路)の航海時間や燃料消費量を計算し、最適航路の値と比較することができます。 (画像をクリックすると拡大表示できます。)
 
 
 WISEルーティングの特徴
 
 1. 気象・海象予報
 
  最新の気象・海象予報が、複数の予報機関から提供されます。
 
  _ 風/海面気圧、波、500hPa等圧面高度、気温 : 8日先までの予報(12時間間隔、6時間ごとに更新)
  _ 海流、海面水温、海氷 : 実況値(毎日更新)
  _ 台風・ハリケーン・サイクロン : 進路/暴風圏の予報(6時間毎に更新)
 
 2. 船体データベース
 
  WISEソフトには、波浪中における船速、船体運動、およびエンジン出力を計算するため、船別のデータベースが組み込まれています。
 
 3. 迅速な情報提供
 
  船から気象・海象要求が送信されると、最新の気象・海象情報のデータファイルがおよそ10分後に、Eメールにより提供されます。
 
 4. 豊富な表示機能
 
  気象・海象情報をわかりやすく表示し、あらゆる気象・海象データを重ね合わせて表示することが可能です。
 
 5. 船上シミュレーション
 
  以下の2種類のモードで最適航路(最少燃料航路または最短時間航路)を計算し、船長航路(船長が設定した航路)と比較することができます。
 
 
5.1 固定ピッチプロペラ船の場合
_ ETA指定モード: 目的地への到着日時を指定することにより、プロペラ回転数と燃料消費量を計算します。 (最少燃料航路はETA指定モード)
_ RPM指定モード: プロペラ回転数を指定することにより、航海時間と燃料消費量を計算します。 (最短時間航路はRPM指定モード)
 
5.2 可変ピッチプロペラ船の場合
_ ETA指定モード: 目的地への到着日時を指定することにより、プロペラピッチ角と燃料消費量を計算します。 (最少燃料航路はETA指定モード)
_ PPA指定モード: プロペラピッチ角を指定することにより、 航海時間と燃料消費量を計算します。 (最短時間航路はPPA指定モード)
 
シミュレーション結果は以下のような情報と併せて表示することができます。
   _ 海上風及び海面気圧予報
   _ 波浪予報
   _ 航路上の通過点における気象・海象の情報 および 航路の詳細情報
   _ 航路上の海上風予報
   _ 航路上の波浪予報
   _ 航路上の海流情報
   _ 航路の概略表・比較表
 
 WISEルーティング画面イメージ
 
(画像をクリックすると拡大できます。)
 
 
気象・海象情報の要求 海上風/海面気圧予報の表示
 
波浪予報の表示 500hPa等圧面高度予報の表示
 
気温予報の表示 海流の表示
 
台風/海上風予報の表示 海面温度の表示
 
海氷密接度の表示 船上シミュレーション実行のためのLeg情報の入力
(以下、固定ピッチプロペラ船のシミュレーション例)
 
船上シミュレーションの入力画面 計算された最少燃料航路と等時間曲線
(波高制限値:7 m)
 
船上シミュレーションにおける船長航路の設定 船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路と3本の船長航路+風/海面気圧予報)
 
船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路と3本の船長航路 + 波浪予報)
船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路の詳細情報)
 
船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路と船長航路上の海上風予報)
船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路と船長航路上の波浪予報)
 
船上シミュレーション結果の表示
(最少燃料航路と船長航路上の海流予報)
船上シミュレーション結果の表示
(指定航海時間: 240時間)
  最少燃料航路(MFR)の燃料消費量: 1,060.8 t
船長航路CR1, CR2, CR3の燃料消費量
CR1:1,151.5 t, CR2:1,254.6 t, CR3:1,112.6 t
MFRは、CR1, CR2, CR3に比べ、 90.7 t (7.9%), 193.8 t (15.4%), 51.8 t (4.7%)燃料節約が行えた。
 
計算された最短時間航路と等時間曲線
(波高制限値:6 m)
船上シミュレーション結果の表示
(指定プロペラ回転数: 86 RPM)
  最短時間航路(MTR)の航海時間: 336.0 h
船長航路CR1, CR2, CR3の航海時間
CR1:341.1 h, CR2:336.9 h, CR3:357.9 h
MTRは、CR1, CR2, CR3に比べ、 5.1 h (1.5%), 0.9 h (0.3%), 21.9 h (6.1%)航海時間短縮が行えた。
 
 
 
 WISEトラッキング
 
  WISEトラッキングは、本船の位置情報と気象予報を表示する船隊管理システムです。
(画像をクリックすると拡大できます。)

 
 
 WISEトラッキングの特徴
 
  ● 海図上に最新の船舶の位置、気象・海象情報を表示します。
● 風・波などの気象情報は8日先まで表示できます。
● 本船位置の気象・海象情報が容易に確認できます。
● KDDIのインマルサットサービスを利用し、1日2回自動的に船舶位置情報を取得し表示します。
● インマルサットCが搭載された船舶であれば導入できます。
● 船位・気象・海象情報は過去1ヶ月までさかのぼり閲覧可能です。
● WEB表示であるため職場ではもちろん、自宅や出張先でも閲覧可能です。
● ユーザー自身で即時ポーリングを行うことも可能です(1隻あたり月10回までは無料)。
 
 料金
 
  ・ WISEルーティングを利用されているお客様:1隻あたり月額2,000円、初期費用0円
・ WISEルーティングを利用されていないお客様:1隻あたり月額4,000円、初期費用4,000円
 
 サービス内容
 
  ・ WEBによる船位表示、気象海象情報の閲覧
・ 位置情報は1日2回自動更新(回数を増やすことも可能ですが、別途通信費を請求いたします)。
 
 
 
 高解像度WISE Routing
 
  国立研究開発法人・水産総合研究センター・水産工学研究所からの2015度受託研究として、「高解像度WISE Routing」を開発しました。

これは、これまでの気象庁全球予報モデルの風・波に加え、沿岸波浪予報モデルによる詳細な風・波予報データを使用して、最適航路を高精度で計算できるウェザールーティングシステムです。

沿岸波浪予報モデルによる風・波の予報データが、従来に比べ40倍の高解像度で、毎日00, 06, 12, 18 UTCにおいて、72時間先まで3時間間隔で利用できます。
また、海流については、従来に比べ25倍の高解像度のデータが利用できます。

受信したデータの表示例と最少燃料航路の計算例を図1〜図4に示します。
(画像をクリックすると拡大できます。)
 
 
図1 沿岸波浪予報モデルによる風の表示 図2 沿岸波浪予報モデルによる波の表示
 
図3 海流の表示 図4 最少燃料航路(赤)と3本の船長航路の比較
(海流データを重畳)
 
  図1,2,3より、詳細な風・波・海流データが表示できることがわかります。
また、詳細な黒潮の流れがわかるので、黒潮の逆流をうまく避けることにより、大きな燃料節約ができたことがわかります。(図4)
最少燃料航路は、直航航路に比べ、29%も燃料節約ができました。

今後、水産工学研究所の用船(近海かつお漁船)を用いて、燃料節約の実証実験を行う予定です。

高解像度WISE Routingは、外航船に加え、漁船や内航船、プレジャーボートなどの安全・経済運航に、大きく貢献できると期待されます。
 
 
 
お問い合わせは、下記のWISEサポートデスクまでお願い致します。

WISEサポートデスク
担当:米原、萩原
TEL: 044-548-9141
FAX: 044-548-9134
Email: wise-support@yms.co.jp