事業案内 海事コンサルティング 船舶運航コンサルティング 海事教育訓練 システム販売
  H O M E  >> 船舶運航コンサルティング >> 運航コンサルティングとは
 
運航コンサルティングとは
 
 
 
 
  船舶を安全且つ効率的に運航することは海運会社にとって最も大切な使命です。 おろそかな船舶の管理や運航は事故に繋がるばかりか、PSC(Port State Control)の臨検によって停船命令を受けることもあります。
当社の船舶運航コンサルティングは、こうした問題を事前に防止するため、船舶検船、安全監督、建造監督、保守管理等を実施もしくは支援します。
 
 
当社の船舶検船は、船体や機関の整備状態に加え、安全属具や証書類、さらには乗組員のパフォーマンスに至るまで、船舶のハード、ソフト両面にわたり専門家の厳しい目でチェックし、適切な対応策を指摘するシステムです。
この検船システムの導入により、海難事故やトラブルに伴う停船が大きく減少しています。
尚、この検船は、船主もしくは傭船者に代わって、実施しています。
 
2) 検査・鑑定
 
当社では船舶検船の他に、船舶や貨物を対象に次のサービスを提供しています。
 ・ P&I保険加入時・更新時の船舶の現状検査
  (エントリサーベイ、コンディションサーベイ)
 ・ 用船・返船時の現状確認のための用船検査
 ・ 船舶の船体・機関・属具に関する損害検査
 ・ 貨物損害の検査や貨物事故の原因鑑定

その他、船級協会・保険会社向けに次のサービスを提供しています。
 ・ 修繕仕様の検討、修繕の諸準備、修繕監督
 ・ 修繕関係業者の選定と手配
 
3) ロス プレベンション コンサルティング(Loss Prevention Consulting)
 
一度、事故が起これば、人命・船体・貨物の損失、環境汚染、不稼動、信用失墜など、直接的・間接的な損亡は計り知れません。
そのために、海運各社は安全管理システム・品質管理システムを導入し、事故防止に日々努めています。
当社のロスプレベンションコンサルテーションは、船主・管理会社に対し、事故の再発防止や全般的な事故予防のため、過去に発生した事故の分析、検船による関係船の船体管理や運航の実態確認、会社監査による会社の安全・品質管理システムの確認など、船舶を含む会社全体を網羅的に診断し、安全管理・品質管理の質の改善・向上を支援するサービスです。
 
4) 安全監督
 
当社の安全監督は、バルカー、大型タンカー、石油製品タンカー、LPG船そしてLNG船などの荷役に際して専門家を派遣し、荷役監督や緊急対応など係留中の安全管理を行うシステムです。